異色のジャニーズアイドル 関ジャニ∞

デビュー当時は売れなかった・・・関ジャニ∞は苦労人

現在、ジャニーズのグループでも嵐と1.2を争う存在にまで成長した関ジャニ∞。

彼らは、他のグループとは違い華々しいデビューもなければ、人気がでるまで年月がかかったというジャニーズでは珍しい遅咲きタイプです。


関ジャニ∞は、関西ジャニーズJr第一期生からできたグループで2002年に結成。
関西出身のジャニーズのユニットKinKi Kidsに続くアイドル誕生か!!?と期待されていたはずなんですが・・・


CDデビューしたのは、結成してから2年後の2004年。
デビュー・シングルは演歌。販売地域も関西地区限定。
デビューの記者会見もレコード会社の屋上とジャニーズにしては質素なスタートでした。


横山くん・村上くん・マルの同期でもある、嵐の相葉くん・ニノ・松潤はエイトよりも3年早い1999年にデビュー。
デビュー記者会見もハワイ。
そして後輩のKAT-TUNもデビュー前に東京ドーム公演を行ってますし、デビュー・シングルも作詞スガシカオ、作曲はB'zの松本さんという大物アーティストが手がけました。(もちろん販売地域も全国です(笑))


人気があるかどうかでこんなにも格差がでてきてしまう厳しい世界なんですね・・・


ジュニア時代から苦労続き


エイトの苦労はジュニア時代から・・・
空前のジュニアブームが起こり、関西ジュニアも東京での仕事が増えたが移動の新幹線は自由席。荷物も上に座って東京ー大阪間を通い続けたんだそうです。


ジュニアブームが去ると、当然仕事もなくなり・・・バイト生活をしながらのレッスン


結成されてからも、エイトの苦労&悲劇は続きます・・・
元メンバーの内くんと錦戸くんがNEWSとして先行デビュー(2人はグループの掛け持ち)
まさかの抜擢とエイトより早いデビューにメンバーも絶望してしまったんだそうです。


そして、2004年に念願のデビュー。
ですが、デビュー記者会見も他のグループと比べ質素・・・
CDもなぜか関西限定・・・


初めてのコンサートも約1000人収容の大阪・松竹座
3年目にして、やっとチケットが完売出来るようになったんだそうです(涙)


まだまだ、エイトの苦労は続きます。
デビュー曲の「浪花いろは節」のPVは白い壁に白い床の白ホリと言われる簡易セットだったり、コンサートのセットも、床はタキツバ(タッキー&翼)で、バックはTOKIOの借り物だったとか・・・
何だか聞いていて、かわいそうになってきちゃいます・・・


関ジャニ∞は、一度上京したもののなかなか売れず大阪へ帰るという挫折を経験していることもあり、歌って踊れるだけではこの世界で生き抜いていけない。とカンジ、
トーク・演技・お笑いなど自分の個性を活かした一芸を身につける努力をしてきたグループなんです。


エイトの努力の姿勢が後輩にも影響を与えていて、関西Jrは関ジャニ∞に憧れて彼らのようになりたいと、楽器を始めたりする子もいるんだそうですよ。


こんな苦労をカンジさせない底抜けに明るさを持った関ジャニ∞
そして、苦労を共にしてきたからこその団結力。ホントにスゴいグループだと思います☆

関連記事
関ジャニ∞の人気急上昇↑↑の秘密
個性豊かな関ジャニ∞メンバー
eighter(エイター)と呼ばれる関ジャニ∞ファン


<<<前の記事 個性豊かな関ジャニ∞メンバー



↓ジャニーズのチケット手に入れるならココ♪




>>日本最大級のチケット売買サイト「チケットキャンプ」





ジャニーズグッズ買い取りサイト

 

ジャニファン必須アイテム☆ジャニーズグッズ

 

国民的アイドルグループ 嵐

 

異色のジャニーズアイドル 関ジャニ∞

 

ジャニーズグッズ コレクション

 

ジャニーズ コラム

 

外為オンライン