異色のジャニーズアイドル 関ジャニ∞

デビュー当初の頃のシングル曲は関西・大阪しか出てこない?

関ジャニ∞のデビュー曲は演歌「浪速いろは節」

2枚目のシングルは「大阪レイニーブルース」(昔っぽい歌謡曲)
3枚目は「好きやねん、大阪/桜援歌(Oh!ENKA)/無限大」
4枚目「∞SAKAおばちゃんROCK/大阪ロマネスク」 
5作目「関風ファイティング」


と、6作目の「ズッコケ男道」までは、関西 特に大阪をテーマにした曲ばかり。
しかも、演歌から歌謡曲とジャニーズアイドルらしからぬ渋いジャンル・・・


その理由はデビュー当時の関ジャニ∞の所属するレコード会社 テイチクレコードにありました。
テイチクレコードは演歌・歌謡曲の殿堂。演歌デビューというのもなんとなくわかります・・・


デビュー曲の「浪速いろは節」河内音頭の「エンヤコラセーノドッコイセ♪」をベースに「いろはにほへと」のラップという組み合わせでアイドル感があるようなないような・・・


そして、デビュー会見ではのぼり旗を掲げ大衆っぽさが関西人にウケたようで、関西地区限定販売の1ヵ月後には全国デビューし見事オリコン1位を獲得☆
メインボーカルはすばるくん
ラップはヤスとマルが担当大倉くんが和太鼓を叩いてました。

2作目以降も・・・


続く2作目は昭和を思い浮かべる歌謡曲「大阪レイニーブルース」
サビの部分の歌詞には関西弁になっていて切ない歌詞に関西弁。なぜかグッとくるものがあります。


3作目はイメージ一新してポップロック♪♪「好きやねん、大阪」
演歌・歌謡曲ときて、3作目でいきなりふざけましたね(笑)
サビ以外、ほとんどがコント☆お笑い好きな関西人らしさ全開のいかにもエイトらしい曲。


コントからのしっとりめのAメロ、盛り上がるサビ。
そして、エイトの仲のよさがスゴクわかる曲ですね?


続く4作目もコミカル路線。「∞SAKAおばちゃんROCK」

大阪のおばちゃんの生態を面白おかしく歌った曲なんです☆
この曲にもコントあり。
エイトのメンバーがオバチャンになりきってコントしてます(笑)


曲のはじまりも村上くんの「やいやいやいいいな よそはよそ うちはうち 早よ寝え。」大阪のオカンのよう(笑)


8歳の娘がお気に入りの曲で、カラオケ行くと歌います。
ワタシは、オバチャン役でコント部分やらされます・・・


「∞SAKAおばちゃんROCK」のカップリング曲も大阪がモチーフ。
「大阪ロマネスク」はカップリング曲なんですが、ライブでもよく歌われ名曲といわれるラブソング


この曲は大阪の街の地名、御堂筋・梅田駅・心斎橋・難波・キタ(梅田周辺)・ミナミ(難波周辺)と大阪の街をテーマにしています。
この曲はA面と違ってかなりしっとりしていて、聴きいってしまう曲でワタシも好きな曲です。


5作目「関風ファイティング」
関風とl聞くと、関西風?と思ってしまいます。
ワタシもそうだとおもっていたんですが、この曲の関風は「関ジャニ風」という意味で使われています。


6作目の「ズッコケ男道」からは大阪・関西しばりがなくなりましたが、
10作目の「急☆上☆show!!」まで、盛り上がり・お祭り系ソングが続きます。

関連記事
関ジャニ∞の人気急上昇↑↑の秘密
デビュー当時は売れなかった・・・関ジャニ∞は苦労人


<<<前の記事 eighter(エイター)と呼ばれる関ジャニ∞ファン



↓ジャニーズのチケット手に入れるならココ♪




>>日本最大級のチケット売買サイト「チケットキャンプ」





ジャニーズグッズ買い取りサイト

 

ジャニファン必須アイテム☆ジャニーズグッズ

 

国民的アイドルグループ 嵐

 

異色のジャニーズアイドル 関ジャニ∞

 

ジャニーズグッズ コレクション

 

ジャニーズ コラム

 

外為オンライン